粘膜へ感染する

クラミジアの細菌は、クラミジア・トラコマティスと呼ばれるもので、ヒトの粘膜の細胞に寄生する性質があります。粘膜以外の場所で生き続けることができないほど弱い細菌で、タオルやお風呂などから感染することは非常にまれと言われています。性病のなかには、たとえばコップの共用によって感染するものもあります。お風呂によっても感染したり、タオルの共用で感染したりしますが、クラミジアに関してはそういった心配は必要ありません。感染ルートとして最も多いのはコンドームを使わない性行為です。性器同士の接触によって、粘膜から粘膜へ感染していきます。感染者の粘膜に住み着いているクラミジア・トラコマティスが相手の粘膜に取り付いて感染していくというのが、主な感染ルートです。

他の感染ルート

クラミジアは、実際に性器同士の接触がなくても感染します。たとえばオーラルセックスです。男性が女性にクンニリングスしても感染しますし、女性が男性にフェラチオしても感染します。これを性行為と呼ぶかどうかは判断の分かれるところですが、たとえば風俗店で女性が男性に対するサービスとしてフェラチオを提供することは数多く行われています。この場合の感染の仕方は、性器に感染した男性に対して口でサービスした女性の咽頭にクラミジアが感染し、それを別のお客さんである男性へのサービスで感染させてしまうことです。実際の性行為は行っていませんが、クラミジアの細菌は確実に広がっています。

ディープキスでも感染?

クラミジアは粘膜の接触によって感染するものですので、咽頭にクラミジアを持っている人が唾液の交換を伴うディープキスをすると、相手の咽頭にクラミジア菌が移動することになります。性感染症を専門とするクリニックのホームーページなどでは、ディープキスによる感染の疑いがあることが記載されています。可能性としては薄いことが推測されますが、それでも理屈上は合っているため、性行為ではないキスによってクラミジアに感染することは可能です。咽頭クラミジアは自覚症状が薄く、風邪の症状に非常に似ているため、発覚しにくい厄介な性質があります。風邪薬はいくら飲んでもクラミジアは治りませんし、どこかで気がつかない限り、発覚しません。喉に痛みがあり、風邪薬をいくら飲んでも効かないという場合には、検査を受けてみましょう。