最も多い感染ルート

クラミジアは男性の尿道や女性の膣、子宮に感染する性病です。性感染症と呼ばれる病気で、たとえば梅毒や淋病の仲間です。最も多い感染ルートは、感染者との性行為で、フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスによっても感染します。このときは咽頭に感染するため、咽頭クラミジアと呼ばれています。咽頭クラミジアにかかっている人がオーラルセックスすると、相手の性器に感染します。粘膜から粘膜へと感染していく細菌で、身体を離れるとすぐに死滅するほど弱いですが、粘膜への感染力は強く、感染者と性行為をすると約50%の確率で感染するのです。性行為でコンドームを使用すると感染率はぐっと下がるので、避妊のことも考えて、性行為ではコンドームを着用するようにしましょう。一般的には性行為で感染し、HIVのように食器やコップの共用やトイレやお風呂の共用では感染しないと言われています。

感染者は多い

クラミジアは性病のなかでも最も感染者が多いものとされており、男性も女性も、10代後半から20代の若者を中心に国内におよそ100万人の感染者がいると推測されています。自覚症状が現れにくい性病であるため、感染は拡大傾向にあると懸念されています。男性は排尿時に痛みを感じたり、ペニスにかゆみがあったりなどの自覚症状が出ることがあり、これは典型的な性病の症状であることが知られているため、男性側から発覚することが多いとされています。

性器クラミジアに感染して尿道炎になった場合はジスロマックを1000mg服用して治します。

女性は自覚症状が薄いため、自分から気がつくことは少ない傾向です。パートナーが感染しており、性行為をコンドームなしで行ったことがある場合には、かなり高い確率で女性のほうも感染しています。どちらか一方だけが治療しても、また再感染することが多くあります。このピンポン感染によって、なかなか完治しないケースが多いため、検査も治療もパートナーとともに受けましょう。

放置しても治らない

クラミジアが厄介なのは、自覚症状が薄く、しかも治療をしない限り治らないことです。特に女性はおりものの量や色が変化する程度ですので、なかなか発覚しにくいという面があります。カップルのどちらかが放置していれば、2人とも悪化してしまうでしょう。女性は不妊症や流産、新生児への悪影響が出るリスクが高まります。将来のことも考えて、おかしいと思ったら検査を受けましょう。誰にも知られずに検査するための検査キットもあります。いい加減なものではなく、信頼できる結果が出ます。