喉に感染する原因

クラミジアは粘膜から粘膜に感染します。近年多いとされているのが、咽頭クラミジアという病気です。これはオーラルセックスによって感染します。クラミジアに感染した性器との接触、女性は男性へのフェラチオ、男性は女性へのクンニリングスです。オーラルセックスは若年層を中心に一般化しているものですので、男性器から女性の喉や口腔へ、女性から男性の喉や口腔への感染が増加しています。専門家によると、潜在しているものを含めて咽頭クラミジアや性器クラミジアの合計で、日本人の100万人以上が感染しているとされています。多いとされているのが、風俗店に勤務している女性です。風俗店での性的サービスによって咽頭クラミジアに感染します。咽頭クラミジアに感染した女性とディープキスをしても感染すると言われており、感染の拡大が懸念されているのです。

風邪の症状に似ている

咽頭クラミジアも、性器と同様に症状が現れにくいです。そのため、感染しているのに本人が気がつかないというケースが非常に多いです。現れやすいのは、喉の痛みや腫れで、発熱することもあります。風邪の症状に似ているので、風邪薬を服用して済ましてしまうことが多いのです。通常の内科では、風邪と診断されて薬を処方されることもありますが、クラミジア菌に風邪薬は効きません。ずっと風邪薬を飲んでいるのに喉の腫れが引かないといった場合には、咽頭クラミジアを疑ったほうがいいでしょう。放置していると重症化して、慢性扁桃炎になることもあります。ただ、症状が出にくいので、ほとんどは気がつかないとされています。病院としても、クラミジアの検査をして欲しいと患者が言わない限り、検査はしません。

重症化すると

咽頭クラミジアは症状が出にくいですが、性感染症学会によると、風邪に似た喉の痛みや腫れ以外に、耳が詰まったりふさがったりする感じを持つという症状があると報告されています。難聴気味になったり、鼻づまりが出たり、首のリンパが腫れたりする、また中耳腔という場所に液体が溜まる症状が出ることもあると報告されています。ただ、咽頭に感染したクラミジアは無症状が圧倒的に多いです。このような症状が出ていないからといって、咽頭に感染していないとは言えません。もし不安があるのであれば、症状のあるなしに関係なく、咽頭検査をしてみましょう。