妊婦検査を受けよう

女性は、クラミジアに感染しても自覚症状が出にくいとされています。おりものの量が増えたり、白っぽく変色したりすることがありますし、不正出血や性交時の痛みがあったりすることもありますが、どちらかと言うと無症状の人が多いです。また、症状が現れても、わずかな変化であるため、クラミジアに感染したと気づくのは困難です。本人はたとえば夫やパートナー以外の性交渉がなくても、相手が誰かからクラミジア菌をもらってきて、性行為を行えば感染します。性行為によるクラミジアの感染率は50%と非常に高く、女性の身に覚えがなくても感染する可能性は高いです。ある研究所の調査によると、クラミジアに感染したことに気づかずに妊娠する女性は、妊婦全体の10%から20%程度いると報告されています。そのため、クラミジアに感染したまま妊娠し、出産すると胎児・新生児には悪影響が及ぶ可能性が高いので、多くの産科では妊娠30週までに1回妊婦検診でクラミジア検査を行っています。

妊婦への影響

妊婦がクラミジアに感染していると、子宮口に菌が増殖していきます。妊娠によって形成される羊膜にまで菌が侵入していくと、破水・前期破水を引き起こします。前期破水は胎児の流産のリスクを一気に高めます。女性はクラミジアの自覚症状が少ないため、気が付きにくいです。クラミジアに感染したまま、無自覚に妊娠・出産してしまうケースは妊婦の年齢が低いほと多い傾向がありますから、周囲が充分に気を配るべきでしょう。妊娠中にクラミジアにかかっているとき、排尿時に痛みが出たり、白っぽいクリームのようなおりものが出たりします。また、局部にかゆみを感じることも多くあります。おかしいと思ったらすぐ検査しましょう。

出産で新生児に感染

クラミジアに感染したまま出産すると、新生児に悪影響が出ます。クラミジアに感染した産道を通るときにクラミジア菌が付着するもので、産道感染と呼ばれています。新生児がクラミジアに感染すると、新生児結膜炎や、新生児肺炎にかかるリスクが高まります。結膜炎は生後数日で、肺炎は生後1ヶ月ほどで症状が出ます。すぐ生命に危険が及ぶものではありませんが、赤ちゃんにとっては大きな負担です。妊娠中にクラミジア感染が発覚した場合にも、胎児に影響なく治療することが可能です。マクロライド系の抗生物質の投与で完治できます。ジスロマックという薬は、母体にも胎児も悪影響なく使える安全なもので、妊婦にも処方されることが多くあります。妊娠したら、クラミジア検査は受けておきましょう。